スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CQ

昨日はプラネタリウムを観てきました・・・

プラネタリウム<参考写真>

ひと昔前の投影機と世代交代して新型の投影機になって、

更に鮮明で臨場感溢れる映像が楽しめました。


いつも夜空に穴が開くほど星を見ていますが、360度空を見渡せるわけではなく、

その点プラネタリウムは宇宙に頭を突っ込んで観てる感じがするし、

その後の星の動きを早送りで観れるのがなんとも楽しかったです♪


星座の神話の世界を改めて知ると、昔の人の想像力がどれほど大きかったのかも解り、

も一つ改めて、外から地球を眺め見ることが出来ました。





CQCQ・・・こちら地球・・・

chikyu0083.gif

地球の中のものは、減りもしなければ増えもしない。

ただ違うものに変化しているだけです・・・

地球の物質が減る瞬間がもしあったとしたらそれは、

宇宙飛行士が宇宙に出た時にだけ地球の成分がその宇宙飛行士の身体一つ分減るだけです。

でも、宇宙飛行士はその後必ず地球に戻ってくるワケですが・・・。



2013年、世界人口は70億人に達すると言われています。

その更に2025年には80億人越えになるとか・・・”


人口が増える分、地球という成分がより人間に変換される。


惑星が動的で活発な生物を生むのは素晴らしいことかもしれませんが、

そう言えるのもその生物の質にもよるだろうなぁ~


地球と人間の間柄ってどうなんだろう・・・?

人間は大気を汚し、水を汚し、大地を汚染する。

しかも、それを浄化する生物との共生も見られない・・・

ただ一方通行に汚し続ける。

でも、ひと昔前の自然と共生していた頃の古いタイプの人類は違った。

こういうことだろうと思う。


私たちは、このままダラダラ増え続けていいのだろうか?

ここでなんとか折り合いをつけなければ惑星諸共共倒れだ。


これからの最先端技術は、自然と真逆なものではなく、

いかに自然と人間の営みの調和が図られているかってことは今さらながらの当たり前だろう。


このまま従来通りの生産も、資本が中心になされ続くと狂いに歯止めが利かないまま。


 「人間の質」

これが私たちの最も大きな課題だろう。

遠い地の他人事でなく、一人一人が同じ人間で運命共同体だという自覚をいかに持つか。

そういう意味での質だ。


書ききれず、色々と想ってしまう・・・


それとも・・・

  こんなことは大げさなのだろうか?


未来を想う時、悲観視するのはこういう生き方を自分がしてきたからだ。


未来の・・・子の孫のその先の未来は、

  「今さえよければ」のつけを払わされるのだろうか?






スポンサーサイト

コメント

Secre

プロフィール

beeta

Author:beeta
毎晩夜空と睨めっこ・・・
星を食べてるbeetaです。

たまにUFOがやって来ます~☆”

2児とインコ2羽の母です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

地球の名言

地球の名言 -名言集-

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。