スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 I  am ・・・ 」

 この世に居る 所謂「悪人」「闇」と呼ばれる人たち・・・

でも、この世にいきなり成人して出現した人は居ないように、
産まれ付きのワルなんて居ないと思う。

事実、皆、赤ちゃんだった

真っ白で無垢な天使、純粋な人間として産まれたのだ

腹黒い大国の金の亡者オヤジでさえ、かつては柔らかい赤ちゃんだった

弱者を虐め、恥ずべき行為を撒き散らすならず者でさえ、
                  透き通った瞳の美しい天使だった

全てがワンネス 始まりは同じとこからだ・・・。

その後に起こる試練、関わる人、色々な環境が彼らを鬼にして行くのか・・・

魂の先輩たちが「裁くこと無かれ!慈悲と愛を与えよ!」と忠告する由縁がそれだ



でも、彼らの環境を呪うよ・・・・

心の師が居なかったんだな、でももっと深く見ると・・・

そう単純なものではない

生前のライフプランで、あえて悪役を買って出る魂もある

誰かの成長のために最低最悪の演出をする

殺された相手が実は魂の絆でしっかりと結ばれていた!
                  なんてことが有り得る・・・


計り知れない世の計らいがあるみたい

自由意志を尊重するこの宇宙だから、良くも悪くもなれる

3次元脳では理解不能だが、本当は無法で、何でも有り。

魂は、どうなりたいか?どっちを選択するか?の永遠連続の旅なのかもしれない

皆それぞれが、「 I am・・・ 」と自分を成り上げる存在なんだと思う
                     もちろん成り下げる事もまた可。

忘れもせぬ、思春期の苛立ち・・・
あれは、精神的にも大人になるにつれ、「既に多くを知っていたのに!」
「全てを忘れた!」というジレンマだったのではないか?とこの頃思う

その時期、誰に聞いても明確な答えは出してくれない「生きることとは?」

だから自棄(ヤケ)になる!バイクで突っ走りたくなる、
ひたすら答えを探す・・・

「誰にも縛られたくないと・・・逃げ込んだ・・暗闇に・・・
自由になれた気がした15の夜・・・うぉ~おお♪」by・尾崎豊

私にとっては間違いなく事在るごとに「死にたかった」思春期・・・・
あの時の「自由になりたい」という叫びは・・・つまり

魂が知っていたことの全てを知覚出来なくなった事への悶絶だったのだ。

「俺(私)は一体誰で何なんだ!」

ここでの「 I am・・・ 」は、「忘れた!」から来るのだ

幼い時はまだ、ありのままで魂との壁が薄く、振り返ることもない

でも、気が付くと魂と精神の間に植え付けられた観念という分厚い壁が出来て

残酷にも忘却による孤独が訪れるのだ。

自暴自棄に暴れると、「そんな子に産んだ覚えは無い」と母は言い
「誰が産んでくれって頼んだよ」と子は言う・・・



2児の子育てをしているが、彼らが思春期になる頃
      地球がどうなっているか?わからないが・・・

科学的にホルモンによる脳への作用で、精神的に不安定になり
                     どうのこうの・・・
というただの生体論なんかでなく、その時に!

「魂」の話を語ろう。知っている範囲で教えてあげよう・・・

「You are・・・」と・・・・思い出すのを手伝おう、そして
              私もまた君と同じなんだと・・・。








                    
  
                 
スポンサーサイト

コメント

Secre

プロフィール

beeta

Author:beeta
毎晩夜空と睨めっこ・・・
星を食べてるbeetaです。

たまにUFOがやって来ます~☆”

2児とインコ2羽の母です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

地球の名言

地球の名言 -名言集-

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。