スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「先見の目」

人には人の生きる筋ってものがある。

鷹の目

そういうものが無い人だっているが、生物みんなそれぞれが生きる筋はある。


鷹や鷲は小動物の敵かもしれないが、

小動物からしてみても、それは問題ではない・・・間違った行為ではない。


間違った行為・・・それをするのに思いつくのは・・・

                   人間だけかな~?




「人間」という大きな集団をひっくるめて見ると、

生きてきた筋に大きな問題があるのは確かだ・・・

地球を汚染した事実。

種を絶えさせた事実。

これは、組織ぐるみでこうなった・・・

その組織ってのは一体何だ?・・・アマゾン川ジャングルの開発は企業。

個人が手を染めたものだってある・・・

種を絶滅に追いやった過去の犯人は、貴族や、ハンターでの娯楽、農薬・・・etc


だけど、それももう過去のものにしよう

間違う事はある

 そこから多くを学んだじゃないか・・・。


少なくとも、私は道端でゴミを捨てたはりしないし、

蟻が歩いてたら、精一杯踏まないように歩ける。

だとしても、私が口にする食べ物や衣食住で消費するものは

「自然の恵み」なんていう綺麗なものではなく、地球への不摂生そのものを

不摂生に消費しているだけなのだ・・・。

もっと、もっと、民の目が理に適ったものに目を向けたら・・・

有機栽培などを求める人が増えたら・・・

エネルギーを危険を伴うものよりクリーンなエネルギー源を求めたら・・・

そのニーズを変えることによって供給も変えることが可能だね。




経済の上に生活が成り立っている事実。

解る・・・解るけど、ならば、今必要なのは精神性だ!

古き良き日本経済は、「お得意さん」「情」という国民性があった。

それがすっかりアメリカビジネスに染まって、

「ビジネス」という言葉で、リスクがあると直ぐに縁切り!

従業員に於いても同じく「リストラ」という切り札で綺麗さっぱり!

ビジネス・リストラなんて聞き慣れてしまって、

無感動にさえなりつつある・・・危ない!



「先見の目」という美徳語

それをどう使うのか・・・?

景気が落ち込んで、倒産寸前の中小企業・・・

 今を持ちこたえたらチャンスがやって来るかもしれない・・・

企業は、格安・安定供給を望む

今は速攻、即殺で、受注打ち切り。

あぁ・・・切ない世だね~ 

長年の阿吽の呼吸であった業者とも簡単にこうなる・・・

昔のように、「情」で・・・じゃあもう少し頑張ってもらって。

というチャンスを与える、先を見通す、とりつく暇もなくか・・・


ここで、人情なんて言ったら失笑されるよね・・・ビジネスだから

う~~~ん

ここは、本当に日本なの?

  互いに成長しようよ・・・


人間に、「共生」という言葉は無いのか?


人間の隠された得意分野は「精神性」じゃないの?

これからは、大量生産・消費を止めて、精神生産・消費したらいいんじゃない?

誰も文句は言いまい・・・文句言う方が恥ずかしい。


精神先進国に、なろうよ・・・日本なら出来る。






U2・・・Miracle Drugは、やっぱり心しかない。




いつも、この通り文章力のない

こんな記事に拍手をして下さる方がいらっしゃいます・・・

ありがとうございます。 

強がってみたとこで、やはり一応この数字に目が行くもので・・・

わざわざボタンを押して賛同してくださり心から励まされ感謝しております。

誰だかは、判りませんが・・・長い間ありがとうございます。
         (るる。元気?きっとあなたもその1人?ありがとう。)






スポンサーサイト

コメント

Secre

プロフィール

beeta

Author:beeta
毎晩夜空と睨めっこ・・・
星を食べてるbeetaです。

たまにUFOがやって来ます~☆”

2児とインコ2羽の母です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

地球の名言

地球の名言 -名言集-

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。