スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わる日か?始まる日か?

2012年というと・・・もう来年のこと

12.jpg

まぁ~うじゃうじゃと色んな説があるものだ・・・

私にとっては、何事も起きてもらっては困るし、

潜在的な衝動は、常に宇宙人に向かっている。

大それた予言をして大騒ぎしていた人達は

2013年年始ごろ、その言い訳を探し四苦八苦するだろう


小学生の息子まで、この前「お母さん、来年地球は終わるの?」

なんて言い出し、ビックリさせられた・・・

そんなことを何処で聞いたのか?というと学校で友達が言っていた!そうだ・・・

「予言というのは当たらない」と私は答えた。



この2つ前にUPしたジョージ・カバシラス氏の動画

彼は13次元までをツアーして、宇宙の成り立ちや

我々の由来・目的そしてこれからの予定を

自らが光の存在に導かれ次元を旅し、その体験を元に詳しく説明しているが・・・

実を言うと、私はかなり引き込まれて聞き入ってしまった

そして彼が語ることはほぼ真実であるとは感じたものの

それは彼が体験した「限定的な」現実であって

「私たち全てがそうはならない。」ということを最後には思った

確かに彼にとってはリアルな体験だったと思う

でも、それはあくまでも彼にとってだ・・・。


次元の仕組みとか、宇宙膜とか、実に興味深く

彼のお陰で、初めて私もはっきりとその構造が見えた・・・


彼の話の中に度々登場する

「偽の光」と「真の光」という定義は面白い

「高次の存在」というものに直ぐに騙されるスピリチュアル系の人たち、

愛という言葉に釣られて、低次の存在に速攻、騙される

そして、それを見極める方法は「条件付の愛」か「無条件の愛」かであるという



大部分は、頷き聞いたが、

どうしても腑に落ちないのが、2012に起きることだ

2012年12月21日から始まって2013年3月までに起きると

いう彼の説には全く納得できない

それは「地球上から全てが無くなる」説で、

「地球の陸地は溶解し、惑星地球が、星になる」というビックリ説


アトランティスが終わる時、彼はそれを察知し人々に

言ってきたが、誰も信じてくれなかった時代も経験したと言う


そしてそうなる過程が、12月21~翌年3月に起きると言うが

そこで非常に私にとっては気になることを彼は言う

UFOがたくさん飛来し、空中で人々をUFOに避難させようとするが、

 「 それに乗ってはいけない 」というのだ

何故? 「それは偽の光の存在だから」・・・と言うのである

で、どうすればいいか?というと

「そのまま地球に残れ」という

しかしながら

「別にUFOに乗りたけりゃ、乗っても良い、それは本人の自由だし、

 その魂の旅に文句は言わない。」

あと、この世にあるチャネリングの類は全て偽の存在からの操作だとも言う


????????

オ~~~ット!またガセを掴んでしまったのか?

まぁいい

人の体験談を聞くのは面白いから・・・


人は元々、明日にはどうなるか解らない存在だ

「終わる日」を目標に生きるわけにはいかない

「明日また始まる日」を夢見て生きる動物だ。


私が信じているのは

「人には人それぞれの現実がある」ということ

この同じ瞬間を共に経験していても

人によっては幸わせを感じ、

 人によっては不幸を感じる。ということ

そしてそのどれが正解でどれが間違いでもなく

魂は永遠不滅で、意識が体験したいことを

ただあるがままそこで存在するものだと思う。










スポンサーサイト

コメント

Secre

プロフィール

beeta

Author:beeta
毎晩夜空と睨めっこ・・・
星を食べてるbeetaです。

たまにUFOがやって来ます~☆”

2児とインコ2羽の母です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

地球の名言

地球の名言 -名言集-

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。