スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Elementary Particle

物質というもの全ては原子からなり・・・

             原子は原子核からなる。

     陽子・中性子


原子核は陽子・中性子からなり・・・

          陽子・中性子はさらに素粒子からなる。

素粒子

これが、現在解っている「物」の最小単位。

最小単位とは元の素のさらに源と言えるだろうネ・・・。


この最小単位とは、そこには空間質量がなく、

     いわいる「点」という認識みたい。


<Wikiより>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


      「素粒子」


素粒子は大きく2種類に分類され、物質を構成する粒子をフェルミ粒子、
力を媒介する粒子をボース粒子と呼ぶ。物質を構成するフェルミ粒子は更に、
クォークとレプトンに分類される。クォークやレプトンの大きさはわかっていないが、
仮に有限の大きさがあるとしても陽子のスケールにおいても
点とみなすことができる大きさである。

最小の単位であるということは、それより小さな存在がないということであり、
従って内部構造を持たず空間的な大きさを持たない・または空間・
長さ自体が最小単位の大きさ(空間最小単位の候補の例としてはプランク長等)
とされるのだが、超弦理論においては全ての素粒子は
有限な大きさを持つひもの振動状態であるとされる。
素粒子に内部構造が存在することが発見されれば、
その内部構造を構成するもののほうが素粒子と呼ばれ、
ボース粒子やフェルミ粒子は素粒子と呼ばれなくなる。


たくさんの粒子が、実は自然界にそのまま安定的に存在しているわけではないので、
宇宙線の観測や加速器による生成反応により発見・研究された。
素粒子の様々な性質を実験で調べ、それを理論的に体系化していくこと、
及び理論的に予言される素粒子を実験で探索していくことが、素粒子物理学の研究目的である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



そこで・・・バシャールは須藤元気との対談で面白い事を言っていた

(本からの抜粋ではなく、私なりに解釈した言葉で・・・)


・・・・・・「皆さんに秘密を教えましょう」・・・・・・・

 この世の物質全てを構成している素粒子は、
数限りなくそれぞれに存在しているように感じますが、
実は、素粒子はこの世界に「たった1つ」しかありません。

 たった一つの素粒子がとんでもないスピードで動き回って
全てを構成しているのです。

宇宙の星々、銀河、人間、椅子、車、鳥、岩、窓、雨、傘・・・・

数限りない物は、たった1つの素粒子が同時にこの瞬間に全てを構成しているのです。


 真っ暗なとこでペンライトを左右一定の間隔で何度も往復し早く動かすと
そこにあたかも長い光のイルミがあるかのように見える現象と同じで、

この一瞬にその1つが宇宙全てを動き回って物質を宇宙を構成しているのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


これを実証したらノーベル賞もんだね~


でも何ということ!!!

 これは正に全ては「大いなる1つ」「大いなる全て」という事実そのもだ。


ねぇ~面白いね。







   
スポンサーサイト

コメント

Secre

プロフィール

beeta

Author:beeta
毎晩夜空と睨めっこ・・・
星を食べてるbeetaです。

たまにUFOがやって来ます~☆”

2児とインコ2羽の母です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

地球の名言

地球の名言 -名言集-

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。