スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ちこぼれの星の子

 色々な本やブログを読んで、アセンションについての事も知った今、
「私にはとうてい無理である」と思う。

魂は永遠で、その我が魂の起源が神であり、いつかはそこへ回帰するならば
どれだけ時間がかかっても・・・いつかは・・・きっと・・・

目前に最短コースというチャンスがあるようだが、とても無理だろう・・・。

例えば、飢餓に苦しむ人々・・・
片や、贅沢三昧の我々・・・
可哀相な、動物達・・・家畜という名の、心を持った兄弟達を、知ってて助けれない。
しかも、断末魔の叫びを聞いてて、今日も肉を食べる・・・。
感謝はしている、だからいい・・・でも、やっぱりダメだ。

菜食主義になることが簡単でも、子供たちを育てる責任上、子供に選択を強制
する事は出来ない。

肉食することは「アセ」とは関係無い?  信じられん!

 「ハトホル」の教えでは、人間関係でのその人の成りもアセンションするための
資格の一つだという。
 心を開いて接すれる友人は僅かだ、皆もそうだろう。
その上、人間関係を広げることはちょっと億劫である。
                  では、それも私にはちょっと無理だな。 

他にも「アセ」のための色々なハードルがあるらしい・・・・

「もう時間がない」と煽られる・・・
              
 私個人の意見に過ぎないが、3次元に生きて「生前の決め事」では
人生のどいう事に同意をしたのかは、当然思い出せないことだ。
「素直に自分の魂の声に従って生きていたい」と願いながら生きては来た。
だから、もういい・・・
 自分は、それに見合う優待生か?
ただ、今よりこの和束な光をトーンダウンはさせまいとは誓う・・・。

落ちこぼれの星の子にも、未来はある。
私の場合、自分のペースで昇って行く部類なのだろう・・・。



話変わって・・・

元々UFOを小さい時から見ていて、「あれは一体何なのか?」から宇宙に興味を持った。
 小学校の時には、カール・セーガン博士に憧れ「天体&UFOおたく」であった。
我が父も連合の母船とみられる大型UFOを見た目撃者だった。

その当時「宇宙は無限」という言葉に疑問を持ちその末、魂の存在、神の存在の
答えを探した。

いや、まてまて、地球の誰がそれを知っているだろうか・・・?
そして、地球人以外の知っていそうな存在がテーマの色々な本に出会ってきた。
「神との対話」「アミ小さな宇宙人」」「宇宙からの啓示」etc
に読みふけって、何度も見ている飛行物体の謎も理解するようになったが、
つくづく思うことに・・・
「UFO(光の知的存在)が、地球の善良な人々を救出してくれる!」
とかって話や、高波動保持者のみ「アセ」出来るなんて・・・。
この3次元の肉体を持った人間特有の藁にも縋る思い にしかない。

       「魂」なんだろ! 正体は・・・「魂」だろ!

                 それなら、あるがままでいい・・・。



スポンサーサイト

コメント

Secre

プロフィール

beeta

Author:beeta
毎晩夜空と睨めっこ・・・
星を食べてるbeetaです。

たまにUFOがやって来ます~☆”

2児とインコ2羽の母です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

地球の名言

地球の名言 -名言集-

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。