スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らせん

messier-81-galaxy-pia09579-ga.jpg

地球から約1200万光年離れた位置にある

おおくま座にある銀河「メシエ81」(M81)



イヤ!本当の本当に・・・

銀河なんです・・・実は・・・

私たちをもの凄~~~~~く、遠く大きい視点から見ると・・・

銀河の渦の中のちびっこいものなんです・・・

これも、イヤ!その中のものなんかでもなく

「そのもの」なのかもしれんです・・・

別に哲学的なものの見方のつもりはなく、

そうだと思いませんか?



で、その銀河の渦は・・・・

左巻き?

右巻き?・・・・知ってる?


宇宙は、右も左も、上も下もありませんので

地球から見て右回りの銀河の渦に見えても

その銀河の向こう側から見たら左巻きに見えるのですが・・・


この「らせん」や渦というものはとても不思議なもんです



あなたの頭の上の「つむじ」は右巻きかな?
             ・・・・・・・右利き?

地球の人間のつむじは、約8割近くが右巻きだそうな

利き手との因果関係ははっきりせず、遺伝などの説もあるが


何かやはりエネルギーの成り立ちを感じてならない



そもそもこの「渦」というもの

3次元的な考察をしていると、ただ、左右どちらか巻きで

話が終わるが、それでも視点をどこに置くかで逆転する



台風の渦も南半球・北半球で地球の磁場の影響で

逆回りになるし、

衛星写真のように地球を宇宙から眺めたら

北半球では反時計回りだが、それを地上から見上げたら

時計回りだ。




巻貝の渦だってどっち巻きだろうか・・・?

そのデザインは、見事な黄金率で出来ている

L-3.jpg




こんな法則を知っていますか?

霊的な見方で、

○上昇=右巻きのらせん

●下降=左巻きのらせん


○統合=右巻きのらせん

●分離=左巻きのらせん


または・・・

○大我(他者へ向ける愛)=右巻きの上昇らせん

●小我(自己中心)=左巻きの下降らせん
 
  この様なエネルギーを描くらしい

一体、何のエネルギーが↑こう描くかは理解していないが・・・


バシャールもこれと似たことを言っていた・・・



これまた、まだまだ知らないことの謎の1つ



「渦・らせん」は多次元にまたがるものだと思う

そして、絶対!「何かある」ぞ!


また勉強するから、知識のお裾分け!待っててね~☆
        (あんまりあてにならんけどね)

しばい!
~☆~




スポンサーサイト

コメント

Secre

プロフィール

beeta

Author:beeta
毎晩夜空と睨めっこ・・・
星を食べてるbeetaです。

たまにUFOがやって来ます~☆”

2児とインコ2羽の母です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

地球の名言

地球の名言 -名言集-

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。